お店のこと

ホーム > お店のこと
お店外観
昭和56年 高岡町に「ますだ薬店」開業。
35年にわたり、母、舛田和子が「頼れる町のくすり屋さん」として地域とともに歩んでまいりました。

そんな母の姿を見て育った私たち(長女:谷口知子、次女:舛田泰子)は、「女性」にスポットを当て、社会、家庭で女性がより輝けるためのお手伝いをしていきたい、との思いから「魔女のくすり堂」とネーミング新たにスタートいたしました。


なぜ魔女なの…?

ネーミングを考えていた時、大好きな映画「魔女の宅急便」の主人公キキのお母さんがお薬を作る魔女だったことや、幼いときに読んだ物語に、ハーブや植物でお薬を作る白魔女のことを思い出したことがきっかけになりました。
家庭でも、「お母さん」というのは家族の健康を見守る優しい白魔女であり、お母さんが元気であることが、家族の幸せにもつながる、、そんな願いも込めてつけました♪

そんなわけで・・
「魔女のくすり堂」は、頑張る女性を応援するくすり屋さんです。
お体から心の処方まで…ご相談を承ります。(^_-)-☆

店舗名 魔女のくすり堂(ますだ薬店)
白魔女たち 舛田和子、谷口智子、舛田泰子
こんなお店です ●女性特有のお悩み相談窓口
●お薬コンシュルジュ
●漢方から西洋ハーブ、サプリメントの提案
●ブレインフード普及への取り組み(セミナーの開催)
●食育イベントの開催
住所 宮崎県宮崎市高岡町五町96-7 地図
電話 0985-82-3171
営業時間 月〜土 9:00〜18:00
定休日 日曜日、年末年始